デジタル化する行政書士の変化する仕事

またの名前を代書人と呼ばれる事もある行政書士は約1万種類ほどもある書類の記述から提出までを行う仕事を行っています。顧客から依頼を受けて、必要に応じ書類を準備します。そして、顧客から書類作成に必要な情報を得ます。そして、提出します。古くからあるこの職業は、現在の生活の中でも必要な職業であると言われています。常に変化する事なく同じ様に仕事が進められているのか、と言えばそうではありません。ここ数年、行政書士の行う仕事に変化が表われる様になりました。その変化とは、まさしくデジタル化の事を言います。デジタル化した事により、今までであれば紙媒体ばかりを扱っていた様ですが、紙ではなくデジタル媒体で処理する事ができる様になりました。書き直しが楽であり、提出も楽にできます。
タグ:四国 代書人
posted by ぎょうせい at 19:45 | 四国