行政書士として独立し会社設立を行う

長い道のりを経て、行政書士の資格を取得する事ができたら、事務所で働いたり、または会社に属して働くのではなく、自分が独立して会社設立を行うという働き方もできます。行政書士は資格さえあれば、すぐにでも独立して会社設立を行う事ができます。しかし、テキストを開いて勉強した内容と実践とは異なります。いきなり独立するとわからない事も多く、何かと仕事を進めて行く際に困る事が出てくるかもしれません。そんな場合に自信を付けてから開業したいと考える人も多く、まずは数年間の間は会社で働いて準備をしっかりとし、知識やスキルをアップしてから独立や開業を目指す人が多いみたいですね。そうする事で独立しても、いろんなケースに動じる事なく対応する事ができるのではないでしょうか。
タグ:中部
posted by ぎょうせい at 18:27 | 中部